若い頃から気にかけておくべき頭皮

こういってはなんですが、薄毛はなんとなくみっともなく見えてしまうものです。
たとえば太っているのならば、服でごまかしが利く場合もありますが、薄毛の場合はどうやっても隠せません。
年がら年中帽子をかぶっているわけにもいきませんし、カツラに手を出すのもなんとなく気が引けますしね。
こういう風に、なぜみっともなく見えるかと言うと、頭が毎日人前に晒されているから、と言う事が挙げられるでしょう。
髪型で人の印象が変わるのと同様、髪は第一印象を決めてしまうものなのです。
それが他人より少し違っていると、どうしても目についてしまうのですね。
さて、この薄毛ですが、体質や遺伝によるところはあるにしても、大抵はケアを怠っているから毛が薄くなってしまうのです。
特に先ほどの話とは関連しますが、頭皮は毎日外気にさらされているため、汚れや紫外線など、有害な物質を常に取り込んでしまっています。
一日の終わりにしっかりとシャンプーで頭皮を洗ったり、カラーリングやパーマをする際にしっかりとケアしていなければ頭皮がダメージを蓄積して、髪の新陳代謝がスムーズに行われなくなってしまうのです。
薄毛と言えば中高年に多く見かけられるものですが、最近はパーマやカラーリングの技術の発達に伴って、若年層にも見受けられるようになっているそうです。
いずれも原因は日ごろのケア不足。
そうならないためにも、毎日しっかりと髪を洗ったり、ドライヤーなどで頭皮に余分な水分を残さないように工夫したいものです。