カタログも「iPad」の時代のようです。

企業やお店の商品カタログとは、従来は分厚い印刷物でした。
ページをめくれば色々な商品の情報を知る事ができましたが、何と言っても「難」となっていたのが「重さ」と「嵩張り」であったと思います。
特にビジネスマンは、自社の商品を取引先に紹介する為に、分厚いカタログをカバンに詰め、重たい思いをして歩いていた事と思います。
それが今はとても便利な時代になって、「iPad」という優れ物の登場の為にカタログを持ち歩く必要がなくなりました。
この事は持ち歩く側だけでなく、商品の紹介をされる顧客側にとっても素早く商品情報を知る事ができる様になり、お互いにメリットを感じているようです。
iPadにはこれらの商品カタログの為のアプリがあるようで、それを利用する事で便利に商品の在庫管理等もできる様になるようです。
カタログとして利用出来るだけで無いところが、iPadの賢い所なのでしょうね。