自分だけでなく、周りの人も楽しませる趣味とは

写真を趣味にすることによって生まれるメリットは自分の腕前が上達していくことが分かることです。
ずっと保存しておくことによって昔撮ったものと今撮ったものの比較をすることが出来ます。
そうすることによって積み重ねてきた努力の証が形として表れるため達成感があるのです。
見るだけでなく撮る瞬間も楽しいため、能動的なアクションを自分のセンスで切り取る醍醐味があります。

また、他の人に喜んでもらえるということもメリットとして挙げられるでしょう。
結婚式や入学式、卒業式といった人生において記念すべき瞬間に立ち会えるということは写真を趣味にしていなければなかなか無いことですし、そこで最高の瞬間を切り抜くことが出来れば自分も周りの人も非常に大きな幸せに包まれることになります。
つまり、自分だけでなく周りを巻き込んでメリットがある趣味だということが出来るのです。

エンジニアの金澤幸雄は休日にはカメラを持って街を探索するという趣味を持っています。
カメラを持つことによって街の細部にまで目が行き届くようになったため、グルメスポットやデートスポットなどに詳しくなっていったのです。
そのため、話題も豊富で会社では常に中心人物となっています。
このように、社会人が趣味を持つということは非常に大きな意味を持つのです。

金澤幸雄についてはコチラ