営業代行会社急増の背景と営業代行の活動内容について

近年では、営業代行会社が急増しています。その背景としては、優秀なセールスマンの採用難易度の高さや、技術系、IT系ベンチャー企業の急増に伴い、作ることと売ることというプロセスを切り分けることによる経営の効率化が原因にあると考えられます。営業代行とは、主にアウトバウンドセールスで活用されており、営業活動の事前準備、探客、リストアップ、ファーストアプローチからプレゼンテーション、そしてクロージングにいたるまで、企業の営業活動の機能そのものを外部委託することを言います。気になる営業代行の相談はこちらのサイトからどうぞ。また、テレマーケティングなど、一部のプロセスのみを切り分けて外部委託するケースや、営業部門全体を営業代行会社に外部委託するケースもありますし、営業部門のマネジメントのみを外部委託するケースもあります。